新型インフルウイルス除去めぐる ダイキンVS三洋の「世界初」競争




新型インフルエンザウイルスをめぐり、ダイキン工業と
三洋電機がウイルス抑制・除去効果で業界一番を目指し、
「世界初」の熾烈な競争を繰り広げている。

■ウイルスに対する除去効果は宣伝できない

 ダイキンはこのほど、「ストリーマ放電」と呼ばれる
同社の空気清浄機技術が同ウイルスを100%分解・除去
する実証実験に成功したと発表した。空気清浄機が同
ウイルスを100%分解・除去するのは世界初という。

 新型インフルエンザを巡っては、三洋電機が2009年8月、
同社の空気清浄機などに用いる「電解水技術」がウイルス
を99%以上抑制することを実証したと既に発表している。
わずか1%の違いだが、三洋電機はウイルスの抑制効果を
工業製品で実証したのが世界初と主張。ライバルの
ダイキンは「100%分解・除去は世界初」とアピールして
おり、両社とも業界一番乗りを目指し、「世界初」競争を
繰り広げている。

 ダイキンが発表したストリーマ放電技術とは、プラズマ
放電の一種で、従来品は同社が2004年に開発。既に空気清
浄機やエアコンなどの商品に搭載している。今回、新型
インフルエンザウイルスを100%分解するとした改良型の
ストリーマ放電技術は、09年9月11日に発売した加湿空気
清浄機など3機種に搭載している。

 しかし、薬事法など現行の法制度では、新型インフルエンザ
などウイルスに対する除去効果を宣伝できるのは医療機器
に限られるため、空気清浄機など工業製品は効能をアピール
できない。実証実験の公平さを期すために、ダイキンは
ベトナム国立衛生疫学研究所、三洋電機は群馬県衛生環境研究所
と共同実験を行った。本来であれば、両社とも公的機関との
実証実験の成果を商品の宣伝に使いたいところだろうが、
できないのが現実だ。飽くまで空気清浄機という商品でなく、
搭載している技術が同ウイルスの抑制や除去に成功したという
実証実験の結果を淡々と発表するしかない。

引用⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000000-jct-bus_all

「ストリーマ放電」を搭載している空気清浄機は↓








  





インフルエンザマスクトップへ



人気のコスメ化粧品や口コミ、ランキングなどかこちら⇒コスメ化粧品


新型インフル 横浜の小6死亡 国内最年少



【メール便 送料無料】健康食品 風邪 インフルエンザ 予防 黒糖しょうが パワーガーリック にん...

ワクチンも足りないようですし、個人でできることは、
うがい、手洗い、抵抗力を上げる為の食品の摂取ですね。

ニンニクを食べることは、以前からやっていて、風邪の
対策には良いと感じています。

テレビなどでは、森みつこさんや複数の芸能人さん達が
実践していると言われている、鼻うがいが良いようです。


 横浜市では17日、新型インフルエンザに感染した
同市の小学6年の男児(12)が死亡したと発表した。
気管支ぜんそくの既往症があった。厚生労働省によると、
新型インフルエンザ感染者の国内死亡例では最年少。
死者は15人となった。

引用⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000046-san-soci

  





インフルエンザマスクトップへ



シンプルスキンケアなら石鹸で洗顔する方法、洗顔料を使わず肌に良い石鹸で洗顔する方法とは⇒石鹸で洗顔


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。